英語を使ってドイツ語を学ぶ3つのメリット

こんにちは!
現在、世界の教育を学ぶべくドイツでワーキングホリデーをしているユキグチです。

今日は私が実践している効率的なドイツ語の勉強方法をご紹介します。


これはドイツ語に限らず、ラテン系の言語なら同じことが言えるかもしれませんね。

おすすめな人
・ドイツ語をこれから勉強しようとしている人
・英語は既にそこそこ話せる人(中学高校レベルの文法ができれば問題ないです)

さて、内容に入る前に簡単に紹介しておくと
ドイツ語は英語と起源が同じ「ゲルマン語派」から来ており、ドイツ語や英語に並びオランダ語やデンマーク語やスウェーデン語をはじめとした北欧の言語も同じグループになります。

出典:Wikipedia

ちなみにフランス語やスペイン語、イタリア語等は「ラテン語派」と呼ばれ、同じ起源です。

私はドイツ語レベル全くのゼロの時にこの事実を知り「日本語→ドイツ語より、英語→ドイツ語で勉強した方が簡単なのでは!?」と仮説をたて
実際に実践してみました。

まだドイツ語の学習をはじめて半年とまだまだですが、結論から言うと

“”英語→ドイツ語の方が断然おすすめ!!””

今回はなぜ英→独が良いのか?英語を使ってドイツ語を学ぶ3つのメリットをご紹介します。

メリット1:単語や文法が似ている

前述した通り、ドイツ語と英語は同じグループにるため似た単語を使っていることが多く、単語が覚えやすいことが多いです。

例えば
名刺
(独)Mann:(英)man (和)男性
(独)Salz:(英)salt (和)塩

形容詞
(独)perfekt:(英)perfect (和)完璧な
(独)neu:(英)new (和)新しい

など単語の意味を知らなくても想像できることがよくあります。
restaurantやbank等はもはや同じ単語を使っていたりします。

ただしドイツ語で気をつけなければいけないのが、単語に性別があること。
英語のようにただ英語を覚えるだけではなく、性別も一緒に覚える必要があるので既に英語で意味を知っていればあとは性別を覚えるだけなので少し近道です。
私のノートにも出てきた単語はすべて英語で意味を書いています。

clone tag: 3515784534289193709

また文法も日本語と比べると似ています。
すごく簡単な例で言うと
(独)Ich spreche Deutsch.
(英)I speak German
(和)私はドイツ語を話します。

IchがI、sprecheがspeak、DeutschがGermanとドイツ語と英語は語順が同じです。
日本語の場合は「話す」という動詞が最後に来るので、語順が異なります。

もちろん、どんどん文章が複雑になってくると英語と違う語順も出てきますが、あとは英語との違い部分を覚えるだけです。
また英語で言う定冠詞(the)や不定冠詞(a/an)などもドイツ語には存在しており(derやein)
これは日本語を話す分にはあまり気にしないので、英語の文法で考えると覚えるのも簡単です。

このような感じで、ゼロからドイツ語の文法を覚えるより
英語の文法との違いを考えながら覚える方が簡単で、覚えやすいので私は文法も英語を通して学んでいます。
何なら英文法のおさらいにもなるので一石二鳥!

なお日本で出版された文法書やサイトは補助的な感じで利用しています。

メリット2:英語で調べる方が教材が豊富(これ重要!)

これが一番のメリットかもしれません。

英語で説明されたドイツ語の教材の方が圧倒的に多いです。
昔英語を学んでいた頃は本屋さんに行き、たくさんある教材の中で1冊を選んでいましたが
いまはインターネットで無料で何でも探すことができる時代。

私がドイツ語を学ぶのにほとんど紙の教材は買わず
無料のアプリやYouTubeで勉強しています。

例えば単語を勉強するには「Duolingo」。
世界で1番利用されている語学学習アプリと言えるほど有名ですね。
残念ながらDuolingoのドイツ語は日本語対応していないので、強制的に英語を使っての学習になります。

また私が最も重宝しているのがYouTube。
英語の学習でも料理でも学習関連はYoutubeを多用していて、今回も「初心者 ドイツ語」で検索したのですが
中々良い動画が見つからず・・・

試しに「German grammar for beginners」で検索した所、良さそうな動画がたくさん!
その中でも私がいつも使っているのがこちら
「Learn German with Jenny」

説明はすべて英語ですが、簡単な単語しか使っていなくゆっくり話してくれるので
ある程度英語を勉強した方なら理解できます。

有料にはなりますが、Jenny先生作成の練習問題もあるようです。
(私はまだ無料の動画のみですが、いつか試してみようと思います)

メリット3:コストを抑えることができる

語学学習って、テキストを買ったりテスト受けたりと色々とお金かかりますよね・・・
私の場合はメリット2でも記載した通り、基本はインターネットを中心に無料の教材に頼っていますが
それ以外にも以外とお金がかかるものが!

そう、辞書です。
紙辞書を買うにも電子辞書を買うにもお金がかかりますし
最近はスマホ片手にアプリの利用も可能ですが、できればオフライン時でも利用したい!
そこで探した所、日独辞書アプリは有料であれば良いものもありそうです。
(有名な小学館独和大辞典はなんと5,800円!となるべく節約しようとしている私にはボディブローのように効いてきます。。)

無料のものでオフラインでも使えるものも試しましたが、あまり使いやすいとは言えませんでした。

しかし英独辞書になると、無料でかつオフライン時でも利用できるアプリがちらほら。
今の所は私はこちらのdict.ccを利用しています。

そう考えると、英語のほうが圧倒的に質の良い教材が多く
且つ無料のものが多いです。

以上3つのメリットいかがでしょうか?
まだまだ英語に抵抗がある・・・という方にはあまりおすすめしませんが
英語も伸ばしたい! 英語はそこそこ自身がある!

という方はぜひ英→独にチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください