語学学校の料金が半額になる!働いている人必見Bildungsscheck申請方法

こんにちは!
今回はお仕事しながら語学留学している人必見!
語学学校の費用が半額になるBildungsscheckの申請方法をご紹介します。

こんな人におすすめ
・これからドイツでワーホリしようと思っている方
・NRW州にお住まい(住む予定)の方
・お仕事しながら語学学校も通っている方
・なるべくお金を節約したい方

さて過去に何度かドイツの語学学校の紹介、語学留学に関してご紹介してきました。
今回はなんとVHS(政府が運営している学校)以外に語学学校の費用が半額になる制度Bildungsscheckをご紹介します!

Bildungsscheckってなに?

BildungsscheckはドイツNRW州で2006年からはじまった助成金プログラムのこと。

NRW州で働く人のEmployability(雇用される能力)を上げることが目的のようですが、これはとくにドイツ人に限らずNRW州に住んでいる人であれば移民だろうと申請できます。
こういう所は本当にドイツは太っ腹だな〜って思いますよね。

なお管轄はArbeit.Gesundheit.Soziales。おそらく日本で言うと地方の厚生労働局的なものでしょうか。
そこの財源のうち個人でも受けられる助成金の1つが今回ご紹介するBildungsscheckのようです。

なお労働局の財源のため対象は働いている人(条件あり)そして個人事業主だけなのでご注意を!

どんなサポートを受けられるのか?

今回わたしが申請したのは語学学校のための補助金でしたが、様々なトレーニング、職業訓練系には適応できるようです。
その気になるサポート内容ですが基本的には費用(消費財別)の50%を負担してくれるそうです。

ただし最大で月€500までとのことなので、コース費用が1ヶ月€1,000を超える場合は€500が限度であとは自分で支払う必要があります。

申請できる人は一定の条件を満たした人だけ!

ただしこれは誰でも申請できるわけではなく一定の条件があります。

・NRW州に住んでいる
・働いている
・年収が€20,000〜€40,000(独身の場合)
・年収が€40,000〜€80,000(配偶者がいる場合)

ただし上記の金額はGesamtbrutto(額面)のようですが、とくに個人事業主の方は税金を支払っていることをしっかりと証明しないといけないようです。

なので毎月の給与が€1,667以上、€3,334未満なのでミニジョブや学生ビザで制限がある方だと足りないですが
フルタイムで働いている方やワーホリの方でパートタイムとしてがっつり働いている方は対象になりますね。
あとはフリーランスの方も上記の金額くらい稼いでいる方は申請が可能です!

申請から補助金を受けるまでの流れ

Step1:学校にBildungsscheck使えるか確認

これ実は全ての語学学校で適用できるわけではないんです。
この間まではVHSでドイツ語を学んでいたのですが、あまりにもよくなかったので(笑)
今回またプライベートの語学学校にしようと思いいくつかの学校に問い合わせてみました。

私は普段仕事をしているので、仕事終わりのイブニングコースを希望したところ

学校スタッフ
学校スタッフ
あなた働いているならBildungsscheck使えるわよ。

と。

Bildungsscheck?なにそれ??
ユキヒグ
ユキヒグ

って感じだったんですが、よく聞くと申請しないに越したことはない超便利な制度だと言うことがわかりました。

なお私が酷評しているVHSに関してはこちら

ドイツのVHSとプライベートの語学学校どっちが良い?

ただし、

その後2つの学校にも問い合わせるときにBildungsscheckを使えるか確認したところ
1校は聞けば教えてくれる程度で、あまり生徒に積極的に勧めている感じではない様子(おそらく学校側の手続きが面倒なのかも)
もう1校はそもそも小さい語学学校のためArbeit.Gesundheit.Soziales(厚生労働局)とはコネクションがないのでBildungsscheckは使えないとのことでした。

なので必ず申請や申込みする前に学校に確認してみてください!!
なお私が現在通っているのは、最初にBildungsscheckの存在を教えてくれた学校が印象良かったのでその学校にしました。

Step2:Arbeit.Gesundheit.Soziales(厚生労働局)に連絡

Step1で確認できたら、Arbeit.Gesundheit.Soziales(厚生労働局)に連絡を入れてアポイントを取ります。
このドイツのアポ取りが結構面倒でオンライン予約等はないので、電話かメールになります。

↓ここで調べられます
https://www.weiterbildungsberatung.nrw/beratungsstellensuche

わたしは電話するほどのドイツ語能力はないので、メールしてみました。
メールの文面にBildungsscheckを申請したい旨と念の為自分の直近の給与明細を添付し、申請対象か確認しました。

メールを入れてから1週間くらい経つと「あなたの場合は申請対象です。来週の火曜日の11時なら時間あるけどどうですか?」って形で返信が来ました。
ちょうど空けられる時間だったのでその日程でお願いしたいと返信しアポ取り完了。

ここまでで約1週間半かかりました。

Step3:いざ申請へ!

ということでアポの日になったら申請に行きましょう。

当日必要なものは以下

当日の持ち物
・パスポート
・雇用契約書
・直近の給与明細
・税金を納めている証明(フリーランスの方)

念の為滞在許可証も持って行っても良いかもしれません。

ちなみにデュッセルドルフには5箇所くらいあるよう。
ノイスにも1箇所ありますね。

なお、私が行ったのはデュッセルドルフ中央駅から歩いて7分くらいの場所に行きました。
パッと見はかなり普通のビルなのですが、一応看板が出ていて「Arbeit und Leben」と書いてあったので間違いない・・・

到着したらすぐに担当の方のお部屋に通されました。

名前や用意した書類を渡し、あとは住所や電話番号など口頭で聞かれるのであとは答えるだけです。
超簡単!
担当の方がパソコンに入力し、あとは紙を出力して完了。

全てが終わると自分保管用の書類一式語学学校に提出する用の書類一式2部をもらえます。
私の場合は大体20分程度で終わりました。

もらった書類をあとは語学学校ないしは申請予定の学校に提出するだけです。

申請前の注意点

申請前に気をつけて頂きたいこと2点

一点目は、Bildungsscheckは語学学校を申込む前,支払う前に申請する必要があります。

大事なのでもう一度言います。

Bildungsscheckは語学学校を申込む前,支払う前に申請する必要があります!

既にコースが始まっていたり、お金を払ってしまっている場合基本的に返金等はできません。
よって、コース開始日より数週間前にはオフィスに予約をし書類を準備しましょう。

私の場合はBildungsscheckの存在を知ってからもらうまでに3週間程度かかったので、理想は1ヶ月くらい前には準備し始めても良いでしょうか。
そして、申込み予定の語学学校にはBildungsscheckの書類をもらう予定だと伝えていたので
提出前でしたが、ドイツ語コースの請求書が既に50%引かれていました。

二点目は前述しましたが、Bildungsscheckを使える学校と使えない学校があるということ。

せっかく書類準備したのに、行こうと思った学校で使えない場合は意味がないので
必ず申請前に学校に問い合わせて確認してみましょう!

とくに個人経営のような小さい学校はかなりの確立で利用ができないことと
VHSも利用はできないと思います(既にかなり安いですし)

ということでこれから申請予定の方の参考になれば幸いです!

語学学校の探し方に関してはこちらから

タイプ別にご紹介!ドイツでベストな語学学校の探し方を徹底解説!!

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください