【無料】ドイツ語単語の暗記にはQuizletが超絶おすすめ!

スポンサードリンク



ユキグチ
ユキグチ
現在ドイツ在住&ドイツ語学習中のユキグチです!今回はわたしのおすすめドイツ語単語アプリをご紹介します。

ドイツ語学習者のみなさん!
単語覚えるのって本当に大変ですよね?

英語や日本語と比べると男性名詞に女性名詞と性別はあるし
2~3単語をくっつけて1つの単語にするのもokなので死ぬほど長い単語とかあったり、ほんとに辛い!!

ってことで今回わたしが普段利用しているアプリQuizletをご紹介します。




【決定版】そもそも効率的に単語を覚える方法とは?

学生
学生
単語覚えようとしても、すぐに忘れちゃうんです・・・!

よほどの天才じゃない限り単語って一度見ただけじゃなかなか覚えられないですよね。
わたしも何度も単語帳を見てもなかなか覚えられない・・・

もっと効率的に覚える方法があるんじゃないのか!?
ユキグチ
ユキグチ

そう思いたち、調べました。
検索したり、Youtube見たり、友人の英語の先生etc…

頻度を増やすこととアウトプットが単語を覚えるキー!

色々と調べた結果わたしがたどり着いた独単語を覚えるコツ。
重要なことは2つあって、

1度に覚えようしないで、すぐに忘れても良いから何度も繰り返すこと

そして

アウトプットを必ずすること

見たことがある方もいるかと思いますが、エビングハウスの忘却曲線。

たとえ暗記しようとしても人間は20分後に覚えているのはわずか60%。
つまり40%以上も忘れてしまっているんだとか。
そして1ヶ月も立つと20%程度しか覚えていないようです。。
(ちなみにエビングハウスはドイツの心理学者らしいです)

しかし一度学習してから完全に忘れる前に何度か復習することで、また最初覚えた単語を思い出すことができます。
それを何度か繰り返すと、次第に脳の海馬という部分で短期記憶として処理されていた情報が大脳皮質に移行することで長期記憶として保存されるそうです。

この忘却曲線を元に単語を覚えるとしたら

単語暗記プロセス
  1. まずは単語を暗記してみる(すぐに忘れてもok!って思いながら)
  2. 24時間以内に1回目の復習をする(ここでも忘れてもok)
  3. 1から1週間以内に2回目の復習をする(ここでも忘れてもok)
  4. 1から1ヶ月くらい経ったら3回目の復習をする

こんな感じが良いそうです。

そしてもう1つ重要なのは復習するときにただ見る(インプット)だけでは物足りず、できればアウトプット中心の復習をすることが重要です。

具体的にアウトプット中心の復習となると

  • 簡単な単語テストを受ける
  • 会話の中で使ってみる
  • 日記など文章の中で書いてみる

等々色々と方法はありますね。

でもそんな簡単に会話で使うの難しいな〜っていう方におすすめなのがアプリで単語テストを受ける方法。
前置きが長くなりますが、ここで出てくるのが今回のメインであるQuizlet。

わたしが超絶おすすめするQuizletって?

単語の暗記方法は何となくご理解頂けたかと思いますので、そろそろQuizletの紹介をしたいと思います。

Quizletは基本的には単語帳がアプリになったものなんですが、他のアプリと比べておすすめできる特徴がたくさんあります!

特徴1:自分オリジナルの単語帳を作れる

Quizlet、実はこれを覚えろ!っていう単語があるわけではなく基本は自分で作るスタイル。
なので普段別の教材でわからない単語があればそれを登録していくので、無駄がないです。

既存の単語帳ってどうしても、「もう知ってるし〜」みたいな超簡単な単語が多かったり、「こんなの使う!?」みたいな単語が入っていたりとなかなか不便を感じますが
Quizletでは自分が必要な単語だけを登録することで自分オリジナルの単語帳を作ることができます
ちなみに自分で作ったオリジナルの単語帳を「単語セット」とQuizlet上では言うんですが、単語セットは何個でも作ることができます。

また自分オリジナルの単語セットを一般公開したり、他の人の単語セットで勉強することもできます。
わたしが英単語を覚えるときも使っていたのですが、英単語で結構人気の「DUO 3.0」とかは色んな人が既に全ページ単語セット作っていてくれているので
それをそのまま使ってました笑

特徴2:単語テストやクイズなどアウトプット機能もたくさん

先程、何度もアウトプットすることが長期記憶に繋げるために重要と書いたのですが
Quizletの素晴らしいのは何と言ってもクイズやテスト機能が豊富なので、覚えるだけではなく
覚えたらアウトプット中心にできます。

マッチと呼ばれる単語とその意味をタップしていくゲームや

筆記(Spelling)と呼ばれる実際にスペルを入力するゲームもあります

基本はこれらを順番にやっているだけで十分かなと思います。

特徴3:(有料版)写真から単語の登録が可能

ここはQuizletの弱点でもあるんですが、ぶっちゃけ単語の登録は結構面倒ではあります。
いちいち単語をタイプするのは少しずつとは言えやっぱり面倒ですよね。

ただ素晴らし機能が実はあるんです!
それが写真から単語をインポートする機能

例えばドイツ語のクラスでもらったプリントを覚えようとしたら・・・

写真を撮って、その中から登録したい単語をタップするだけで登録が可能です!

さらに手書きもしっかり書けばしっかり登録できます。

ただしこれは有料版の機能になるので、まずは無料版で使ってみて
使いやすいな〜って思ったら有料版に切り替えるのはありかも。

無料でも十分だけど、やっぱり有料版が最強・・・

わたしはしばらく無料版だったんですが、この写真から単語をインポートする機能を知ってからは
速攻有料版(Quizlet Plus)に切り替えました。

月額€4なので、使う頻度によりますがそれくらいの金額ならありかな?って思っています。

実際は€48一括で請求されるのでご注意ください!
わたしも月額かな?って思っていたらいきなりAppleから高額の引き落としがあってびっくりしましたが、Quizletでした・・・笑

まずは有料でできる機能は色々とあるんですが、個人的に良いと思っている機能は

有料版Quizlet PLUSの機能
  • マッチや筆記機能に加えて学習機能がある
  • 写真からの単語スキャン機能が使える
  • 単語にハイライトやフォント変更が可能
  • 広告非表示

その他音声入力や進行状況の確認や目標達成に関するスケジュール管理機能等々かなり作り込まれているんですが
個人的にはあまり使っていません。

とくに単語にハイライトがつける機能は個人的にすごく重宝していて

ドイツ語単語の男性名詞、女性名詞、中性名詞ごとに色をつけて
パッと見てその単語がder,die,dasどれなのかわかるようにしています。

あとは広告もないと気づかないですが、やっぱりない方がストレスは減るかなと思います。

個人的には試験など目標があって、1年以上がっつり使いたい人は有料版を使う価値はある
と思っています。とは言え、数ヶ月しか使わないのであれば無料版で十分だと思います。

ということで今回はQuizletをご紹介しました!
一応わたしの招待を貼っておきますので、もし興味ある方はまずは無料で利用して頂けると良いかなと思います。

Quizletを無料で使ってみる

英語→ドイツ語でおすすめの教材はこちらの記事がおすすめ

【無料あり】失敗しない!英語→ドイツ語教材のおすすめ5選とその使い方をご紹介

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください