シュトゥットガルト観光では外せない!市立図書館がきれいすぎた

少し前にはなりますが、ドイツはシュトゥットガルトに訪問した際に立ち寄った市立図書館が
私の想像をはるかに超えるクオリティだったのでご紹介します!

私が訪れたのは11月中旬頃。
ちょうど冬に差し掛かりダウンコートがないと寒くてしょうがない!という時期でした。
シュトゥットガルトに来たものの、用事も済んだのでどこ行こうかな〜と思い街なかをぶらぶら。

どこか行くとこないかな〜?
と思いトリップアドバイザーを見ているとシュトゥットガルト観光のランキング上位に「Stadtbibliothek Stuttgart(市立図書館)」の文字が。

日本でも休みの日は図書館に行くのが好きだったので、これはぜひ行ってみよう!と思いマップに従いながら歩いてみました。
中央駅からも歩くこと約10分、図書館に着きました。

外観はシンプルで少し味気ない雰囲気・・・
ちょうど図書館の向かい側に大きなショッピングモールがあったので
「最悪つまらなかったらショッピングモールのカフェにいよう」

と思い入ってみました。

最初入ると雰囲気は普通の図書館。
階段を登ってみようと奥に進むと図書館の中央に空間が!

さらにその空間の真ん中には謎の噴水と上を見上げると何か四角い窓のようなものが・・・
天井も高く窓のようなものがたくさん。

階段の途中からの写真。

すごく静かで何だか神聖な雰囲気すら感じるその空間は「現代アート」でした。

さらに奥に進むと階段があります。
トリップアドバイザーで読む限りは最上階(8階)からの景色がすごくきれい、とのことでしたが
さすがに8階まで階段で登るのは大変なので、エレベーターに乗ることに。

そして到着し図書館の真ん中から下を見下ろすとまさかの景色が!

 

 

こんな綺麗な図書館は今までで見たことがありません。
白で統一されながらもライトアップされたカラフルな本が輝いているようにすら見えます。

先程入ってすぐの謎の空間から見上げた天井が今度は一番下に見れます。
この景色を見るだけでも来た甲斐がありました。

一通り写真を取り終わったら、せっかくなので図書館をぶらぶらすることに。
蔵書自体はドイツ語がもちろん多いですが、英語の本もたくさんありました。

漫画や雑誌、音楽やPCを使えることのできるコーナー等々
一日いても飽きることはなさそうです。

席もたくさんあり、勉強する人もいました。
面白かったのが、本棚と一体になっている席があったり面白い形のソファがあったりと、本を読まずとも歩いているだけでも楽しかったです。

シュトゥットガルトに住んでいる人は本を借りることができるようですが有料のようです。
(詳細はよく知りません。。)
観光の方は図書館内では自由に閲覧できるので、ご安心を!

なお最上階にはカフェがあったり、トイレも最上階と地下にあります。(ドイツでは珍しい無料のトイレ)
あとは有料ですが、コピー機もありました。

もしシュトゥットガルトに遊びに行くことがあれば、ここは絶対におすすめです!

◆詳細
Stadtbibliothek Stuttgart(Public Library Stuttgart)
住所:Mailänder Platz 1, 70173 Stuttgart
会館時間:月〜土の9時〜21時
※日曜は定休日
アクセス:Uバーン Stadtbibliothekから徒歩2分

◆マップ

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください