アニオタの祭典Dokomi 2020 参加レポート!

スポンサードリンク



ユキグチ
ユキグチ
現在ドイツはデュッセルドルフに住んでいるユキグチです!今回はデュッセルドルフで開催されたDokomiに参加したので、その様子をご紹介します!

みなさんDokomiってご存知ですか?
この記事をご覧になっているってことは、ドイツに住んでいるかアニオタか、ゲームオタの方かなと思います笑

さて今回はわたしの住むデュッセルドルフで開催されたアニメ・ゲームの祭典Dokomi(ドコミ)に参加してきたのでその様子をご紹介します!
実はわたしアニメは普段見ないくせに、昨年も参加し今年で2回目なので
2019年と比較してどんな様子だったかもお伝えします。




Dokomiとは?ヨーロッパのおたく文化って?

Dokomiはドイツ最大級のアニメの祭典。
ヨーロッパでもフランスやスペインをはじめオタク文化の勢いがすごいですが、ドイツも負けていません!

2日間に渡り、デュッセルドルフにあるメッセ(カンファレンスやビジネスフェア等が開催される巨大なイベントスペース)で開催され
毎年参加者は5万人を超えるんだとか。

さらに650を超えるブースが出典されており、企業での参加もあれば個人での参加もあります。

何よりすごいのが、コスプレのクオリティ・・・!
日本のコミケと同じくみなさん全力でコスプレをしてくるんですが、何がすごいって
鼻が高く、目がぱっちりなドイツ人の顔でコスプレをするとお人形さんみたいになります笑

実は2019年はカメラマンとしてお願いされて行ったのですが、みなさんポージングもばっちり。
何のアニメかはさっぱりでしたが、見ているだけでも楽しかったです。

ちなみにヨーロッパでもアニメは大人気で、ドイツ人に限らずこっちで会う人は何かしら日本のアニメを見たことがあるという人が多いです。
もちろん今っぽいアニメだけでなく、ドラえもんやドラゴンボールのような昔ながらのアニメも小さい頃にテレビで見ていた!という方が多いようです。

それでも最近の人気はやはり進撃の巨人やワンピースあたりは世代を問わず人気みたいです。
あと最近は鬼滅の刃も大人気ですね。

やはり人気の理由は、インターネットで気軽にアニメを英語やドイツ語で見れるようになったことが大きいようです。
日本での新作もほぼ数時間後には英語字幕がついてインターネットで配信されてたりします。
NetflixやAmazonのプライム・ビデオ等でも必ずアニメってありますもんね・・・

逆にわたしみたいなアニメをみない人からすると「なにそれ!?はじめて聞いた!」なんてアニメも知っている人が多い。

今後もヨーロッパのアニメ文化の盛り上がりはの伸びていきそうです。

Dokomi 2020に参加! コロナの影響は?

ということで、2020年も参加してきました!
本当は例年同様6月に開催予定でしたが、コロナウイルスの影響で延期。
今年は9月26日,27日に開催となりました。

延期とは言え、この状況で開催できたのはすごい・・・!

もちろんメッセの中で開催のため、マスクは終始必ず着用。
入り口や色んな場所で消毒液が設置。
コスプレ舞踏会、コスプレBallなど一部のプログラムは残念ながら中止のものもありました。。

残念・・・

そしてアニメグッズの販売や個人のクリエイターによる同人誌等の販売ブースも
昨年と比べると、数も減らしそしてブース間もたっぷり取っていたのが印象的でした。

2019年
2020年 何となくスカスカな感じ・・・

ただマスクはしていても、みなさんコスプレのクオリティは相変わらず・・・!

さらにゲームブースもすごく目立っていました。
ポケモンを大画面でプレイし、ゲーム実況したり、それ以外にもボクシングのようなリングの上で対戦ゲームしたりと
演出はなかなかおもしろかったです。

あとは2019年にはあったコンサート会場、それも2020年にはなかったり
3Dフォトブースと言って、本物のアニメのセットみたいなところで写真撮影ができる場所が大人気だったのですが
2020年はコロナの影響で(おそらく消毒したりの問題ですかね)フォトブースがなかったりとやはり規模縮小しての開催でした。

今年新しく発見したのは、K-Popのダンス会場?
30秒くらいのK-popの音楽が流れ、踊れる人は踊り、知らない人はしゃがんでいるというなんとも不思議な光景。

曲は何も知らないけど、思わず見入ってしまいました・・・笑

あとは痛車って言うんですかね?デコレーションされた車は例年通りおいてありました。

あとはわたしは参加した時間帯的に見れませんでしたが、ダンスコンテストやドローイングコンテスト、キャレクターデザインコンテストなんかもあったようです。
全体的には2019年と比べると参加者数もすごく少ない気がしました。

チケットやアクセスは?

チケットは今回Dokomiの公式HPからオンラインでの予約でした。
人数制限もあってか、とくに初日の土曜日はチケット結構すぐに売り切れたようで
日曜日はまだ少し残っていました。

土曜日1日チケット:€35
日曜日1日チケット:€33
2日チケット:€51

そして面白いのが、チップも込で支払うことができます。
€-2〜+€100くらいまで?(最高額がいくらか忘れました。。)自分で選択してチケットを購入します。

なぜか−€2というものが用意されていたんですが、わたしはとりあえず±0にしておきました。。

当日のアクセスに関して

当日は電車やバス等の公共交通機関でアクセスできます。

中央駅からのアクセス(電車・バス)

中央駅からはU78またはU79から1本です。
2019年は電車を利用しましたが、最寄り駅「Messe Ost/Stockumer Kirchstr」からDokomiの会場まで何だかんだ15分くらい歩く必要があるので正直すこし不便です。。

もしくは中央駅から722のバスがメッセ目の前まで出ているので、そちらのほうが便利なようです。

電車やバスの情報はこちら

Dokomiのような大きなイベントの場合は空港間のシャトルバスもあるようです。
もちろん駐車場もあるので、車でのアクセスも可能ですしおすすめです!

と、いうことでDokomi2020をご紹介しました!
2021は例年通り開催されることを願って・・・

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください